スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠の0


s-1001_20140118161335ccc.jpg 


宮部久蔵 ★ 岡田准一(V6)
佐伯健太郎 -★三浦春馬
松乃 ★ 井上真央
佐伯慶子 ★ 吹石一恵
清子 ★ 風吹ジュン
賢一郎 ★ 夏八木勲(青年期:染谷将太)
井崎 ★ 橋爪功(青年期:濱田岳)
武田 ★ 山本學(青年期:三浦貴大)
景浦 ★ 田中泯(青年期:新井浩文)
長谷川 -★平幹二朗
小山 ★上田竜也(KAT-TUN)
山田 ★ 佐々木一平
伊藤 ★ 青木健
香川 ★ 遠藤雄弥
寺西 ★ 栩原楽人





昨日は
永遠の0を観て来ました

旦那様が無類の”0戦”好き(不謹慎はお許し下さい)だと以前記しましたが
やっとふたりのタイミングが合い
朝イチで重いテーマと向き合った
という訳です^^;



続き から
私の主観的・戯言的な感想文を記しておきます
* あくまでも主観的戯言ですので誹謗中傷、ご勘弁くださいネ^^;










”大切な人を守る為、絶対に生きて帰る”

特攻隊所属の宮部(岡田準一)はこう公言し
敵との空中戦となれば我先に上空へ避難(逃げ)
訝しがる仲間に
”命が惜しい。自分の帰りを待つ妻や娘の将来の為にも絶対に生きて帰るのだ
”と言ってのけます。

現代なら当たり前あろうそんなワードも
戦時中という時代では
意気地無し、臆病者扱いされてしまったのですね、、、

戦争も末期となれば
あんなに優れていたはず0戦機にも勝る
最新鋭の武器が アメリカ側が開発し、沖縄が侵略される直前日本は
特攻隊・・・爆弾を装着した0戦機が敵に突っ込むという
無謀な作戦に出てしまいます。

自分が指導をした若者達が次から次へと
亡くなっていくうちに
次第にココロが壊れていく宮部。
そんな宮部が特攻を自ら志願し
後輩の一人に妻と娘の事を託し
太平洋上に散っていきました。。。

えっ?何で?何であんなに頑なに拒んでいた特攻を自ら志願したの?
エンジンの不調を感じていながら・・・どこかへ不時着して生きられたのに
何でその機を後輩と代わってしまうの?
あまりの狂った日々に生きる事を投げ出したくなってしまったの?
それでよかったの?

それが戦争というものなのでしょうか・・・

岡田君のセリフは少なかったのですが
鍛え上げられた肉体・鬼気迫る
壊れていく表情は良かったですね^^;

実話に基づいて書かれた小説だそうですが、、、
でもでも・・・キレイ事で終始した内容に違和感を覚えながらも
公には出来ない何かがあったのでは・・・はず
と思ってしまった、俗過ぎる私です。。。
人の数だけそれぞれの戦争は違って当たり前で
これが宮部さんの戦争だったのでしょう。

そして、脇を固めていた
昭和の大俳優、夏八木勲さんがこの映画を遺作に逝かれました
その悲惨な戦争の語り部の諸先輩方も時には逆らえず
永遠の地へと旅立たれる
戦後69年の日本です。。。





Category: 日本映画

コメント

こんにちは~

「永遠の0」行かれたんですね~
わたしは原作ファンで、中盤からラストにかけて何度も涙しながら読みました
とても長編な小説だったので、映画であの世界観が描ききれてるのかドキドキです^^;
最近、すぐ映画化してしまうのが残念ですよね

昔から戦争物は苦手でしたが、この小説を読んで初めて「0戦」のことを知った感じでした
「風立ちぬ」がアカデミーにノミネートされましたが
色々な意味で考えさせられる日本の歴史ですよね

わ~
また雪が舞ってきましたよ~

2014/01/19 (Sun) 12:33 | あっさむ #- | URL | 編集

戦争映画はわたしも苦手…
しかも正月早々に何で…と、思っておりました。
時代背景から同情出来る点、胸に突き刺さる想い。沢山あり、泣きました!
ただ…あまりにファンタジー過ぎて、最後は呆気…と言うのが本音。
作家の希望的観測なのかなあ?
あくまで私見^^;何たって、泣きましたからぁ(苦笑)

2014/01/19 (Sun) 20:14 | シー坊 #- | URL | 編集
あっさむさんへ♬


はい!観てきましたよん^^v
原作を読んでない私が言うのも何だけど
もちろん悲しくて泣けたけど、もっともっと・・・
って思いました^^;
これは原作も読んで比べてみなきゃ!
限られたフィルム(今がデジタルだから古い・・かな^^;)時間の中で
原作の世界観を表現するには、あまりにも時間が足りなかったかもデス
戦争映画好きなトン父に見させられた映画は数知れず・・・^^;
もっと泣けるものを観てきた、私の戯言です^^;

うん、何でもかんでもすぐ映画化されて
文字・コトバの世界観で遊ぶ文系ロマンチストなあっさむさんの気持ちに
激しく同調よ!!(笑)

そんなちょっと物足りない気持になった後は
ベタな恋愛映画を観てボッーとした日曜でした~
京はすごい雪だったのね^^
娘のヤツ、な~~んも情報くれしまへんでしたワ(笑)

2014/01/21 (Tue) 07:24 | トンママ #f4RRH762 | URL | 編集
シー坊へ♬

そーだよね、普通は戦争映画って苦手だよねぇ^^;
我が家は旦那さまが大好きで、今まで結構な数を観てきたのよ、わたし^^;
だからすっごい前評判を知ってかなり期待して臨んだけど
想像とちょっと違ってました~^^;
回想ものだから難しいのかもしれないけど
もっともっと泥臭くしても良かった気がします^^;

原作が凄い評判だったから、それを144分の中に網羅するのは
難しかったんだろうね^^;
でも、確かに皆さん泣けたし、戦争は繰り返してはあかん
って事を老若男女が共通して感じた144分だったと思います^^

あ、あくまでも私目線ですケロ~~(笑)

2014/01/21 (Tue) 07:44 | トンママ #f4RRH762 | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。